読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fromamericaliving’s diary

アメリカより、独断で気になったニュースや出来事を書きていければっと思っています!

ドルフィンテールの地を訪ねてみました!  フロリダ観光

f:id:sunnydayshere:20160407045557j:plain

たぶん、アメリカにお住まいの方は、ドルフィンテールって

ご存知かと思います。 どうも、日本では劇場公開しなかったみたい

なのですが、個人的には、お子さんが居るご家庭には結構いい映画だと

思うんですけどね。。

 

前置きはさておき、今更ながら【 ドルフィンテール 】のドルフィンが

いる、フロリダ州クリアウォーターマリーンアクエリアム

行って来ましたー!!

 

クリアウォータービーチのすぐ近くに位置するのですが、

クリアウォータービーチは、訪れたいビーチの1・2位を争う程の

人気のあるビーチです。

 

水着を持って来なかった私は、泣く泣くビーチには入れませんでした。。

 

この、アクエリアㇺは、普通思い描くような水族館ではなくて、

どちらかと言うと、レスキューした海の動物を保護・飼育・手当等を

して、自然に返すのが目的とした施設でした。

 

日本の様な水族館を思っていた私は、そのショボさにちょっと

びっくりしましたが、ここがレスキューの施設だと判ってからは、

なるほどねっ!って感じでした。

f:id:sunnydayshere:20160407045444j:plain

 

ドルフィンテールっていう映画は、実話を元にした実在するドルフィンの

話で、あらすじをザッと書くと、

 

ある日、ビーチを歩いていた男の子が、カニを採る網のラインに絡まっていたドルフィンを見つけ、助けるんですが、このドルフィンのヒレが

ラインに絡まっていたので、か死していて、それをこの施設に連れて行って、そこにいる人々(海洋病院)が、義足というか、義ヒレを思考しながら作って、ドルフィンがまた自由に泳げるように協力をし、

男の子とドルフィンの友情が芽生えるっていう話です。

 

これが、実際に試行錯誤した義ヒレ。

f:id:sunnydayshere:20160407045511j:plain

 

こちらは、映画で使われた、ハウスボート

f:id:sunnydayshere:20160407050056j:plain

 

こうして実際に、ケガをしたドルフィンや、ウミガメ、スティングレイ

などをレスキューしている現場を見て、こう言った施設の皆さんや

ボランティアの人々が頑張ってる姿を見ることが出来て、

子供たちも勉強になったと思うし、何か、心に思うことが出来たと

思います。

 

フロリダ州に行かれる時には、寄ってみてくださいね。